家長、練習試合で先制ゴール 指揮官期待「ポジション獲得も」

[ 2013年7月15日 11:53 ]

 スペイン2部マジョルカのMF家長昭博は13日、ケルン(ドイツ)との練習試合に先発し、前半45分に先制ゴールを決めた。試合は2―2の引き分けに終わり、家長は前半で退いた。

 家長は10年12月にG大阪から加入。12年2月から韓国の蔚山(ウルサン)、同年7月からはG大阪に期限付き移籍していた。移籍期間満了に伴い、6月にマジョルカに復帰していた。

 マジョルカのオルトラ監督は「プレシーズン中のプレー次第ではポジション獲得が可能」と期待を寄せている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年7月15日のニュース