ヤングボーイズ久保 開幕戦でスイスデビュー

[ 2013年7月15日 06:00 ]

 J2京都からスイス1部ヤングボーイズに加入したFW久保裕也(19)が13日、リーグ開幕戦のシオン戦でデビューを果たした。後半30分からトップ下で出場。決定的なスルーパスを通すなど見せ場をつくった。生粋のストライカーは「シュートを打てなかった。不満足」と無得点を反省も「とりあえず出場できて良かった」と欧州での第一歩を喜んだ。

 ヤングボーイズは昨夏に久保の保有権を買い取ったが、当時の経営陣はその後退陣。久保は今月1日に合流したものの、アピールできない場合は他クラブに期限付き移籍する可能性もあった。5日のスラビア・プラハ戦で得点を挙げるなど短い期間で結果を残し、スイスデビューにつなげた。

 「体は切れている。ポジティブに考えて次、頑張ります」。第2戦は20日のローザンヌ戦。将来の日本代表のエース候補は初得点を狙っていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年7月15日のニュース