カマチョ氏 給与未払いで中国を提訴

[ 2013年7月14日 12:00 ]

 6月に中国代表監督を解任されたホセ・アントニオ・カマチョ氏(58)が、中国サッカー協会(CFA)に、当初契約の残り1年半の給与支払いなどを求めて国際サッカー連盟(FIFA)に提訴した。

 元スペイン代表監督のカマチョ氏は、11年夏に3年契約で中国代表監督に就任したが、W杯アジア3次予選で敗退。6月に行われたタイ代表との親善試合では、1―5で大敗するなど成績が振るわず、批判が集中していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年7月14日のニュース