広島 後半ロスタイムの高萩“劇弾”で2位浮上!

[ 2013年7月14日 06:00 ]

<広島―C大阪>前半、シュート放つ広島・高萩。右はC大阪・山口

J1第16節 広島1―0C大阪

(7月13日 Eスタ)
 広島は後半ロスタイムの一撃で2位に浮上した。野津田のシュートを相手GKがはじいたところで、高萩が左足で冷静に流し込んだ。「チャンスがあれば1点取ろうと思っていたし、最後まで走り続けて良かった」。地元・福島から親族が駆けつけた一戦での価値あるゴールを喜んだ。

 これで最近7試合は6勝1分け。首位大宮との勝ち点差も3に縮まった。昨年の王者が夏場に調子を上げてきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年7月14日のニュース