甲府は4連敗…伊東 歴代2位のJ1通算512出場試合

[ 2013年7月6日 21:53 ]

前半、競り合う浦和・柏木(右)と甲府・佐々木

J1第14節 甲府0―1浦和

(7月6日 国立)
 甲府は終盤に決勝点を奪われて4連敗となった。ただ、中断前は3試合で10失点しただけに、守備の改善には一定の手応えを得られた様子。ベンチ入り停止の城福監督に代わって指揮を執った渋谷コーチは「守備はよかった。ただ、それが勝ちに結びつかなくて悔しい」と話した。

 守備的MFの伊東は今季初出場で、歴代2位のJ1通算出場試合を512に伸ばした。「相手に自由にプレーさせたくなかった。忍耐強く、辛抱強くやれたと思うけど…。負けたことは受け入れたくはない」と、悔しそうだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年7月6日のニュース