工藤 縁起がいい会場でリーグ再開に気合

[ 2013年7月6日 06:00 ]

J1再開へ、意気込みを語る柏のFW工藤

J1第14節 柏―新潟

(7月6日 東北電ス)
 柏FW工藤は新潟戦から代表切符を懸けた戦いに挑む。東北電力スタジアムの対戦では11年5月14日にJ1初得点を挙げており「もちろん覚えています。一番初めのゴールというのは(内容より)気持ちの問題」と縁起がいい会場でのリーグ再開に気持ちを高めた。

 5月30日の親善試合ブルガリア戦で代表初招集。出番こそなかったが、メンバーを外れたコンフェデ杯はテレビの生中継を観戦し「自分のポジションの選手を見ながら、自分ならこうするとか考えたり」とイメージを膨らませた。今季はここまでJ1所属選手最多の公式戦14得点。「そこ(代表)に入れば、やれる自信はあります」と語り、「口で言うのは簡単。選ばれるためにも結果を残し続けないと」と続けた。まず新潟戦で勝利をもたらすゴールを狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年7月6日のニュース