ブラジル、コンフェデ杯3連覇!スペインを3発圧倒、W杯へ弾み

[ 2013年7月1日 08:51 ]

コンフェデ杯で優勝し、トロフィーを掲げるチアゴ・シウバらブラジルの選手たち

コンフェデ杯決勝 ブラジル3―0スペイン

(6月30日 リオデジャネイロ)
 サッカーのコンフェデ杯決勝が6月30日(日本時間7月1日)にリオデジャネイロで行われ、開催国のブラジルがW杯優勝国のスペインを3―0と圧倒し、大会3連覇を達成。1年後のW杯ブラジル大会へ弾みをつけた。

 ブラジルは前半2分、フッキの右クロスのこぼれ球をフレッジが倒れ込みながらも右足で押し込んで先制点を挙げた。前半41分にはカウンターからスペインが決定機。左サイドからのマタのスルーパスを受けたペドロがGKの脇を抜くシュートを放ったが、DFダヴィド・ルイスがスライディングしながら必死にクリアし、得点を許さなかった。

 このスーパープレーに応えるかのように、前半終了間際にブラジルが追加点。ネイマールが左サイドからゴールに迫り、オスカルから再びパスを受けて左足一閃。豪快なシュートを突き刺して前半を2―0で終えた。

 ブラジルは後半2分にもフッキの粘りからフレッジが右足で流し込んで、試合を決定づける3点目。スペインは同9分にPKを獲得したがセルヒオ・ラモスが左に外して失敗。23分にはピケがペナルティーエリア内でネイマールを倒して一発退場となり、10人に。反撃の機会もないまま、完敗した。

 マン・オブ・ザ・マッチには今大会4回目となるネイマールが選出された。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2013年7月1日のニュース