栗原 世界レベル体感しガックリ「結果がすべて」

[ 2013年6月24日 06:00 ]

<日本・メキシコ>後半、ヒメネスと競り合う栗原

コンフェデ杯1次リーグA組 日本1―2メキシコ

(6月22日 ベロオリゾンテ)
 栗原は脚の付け根に痛みを抱える吉田に代わって先発で今大会初出場。今野との息の合ったコンビを見せたが、2失点を喫し「結果がすべて」と唇をかんだ。

 エルナンデスと対峙(たいじ)し「CKの反応も速かったし見逃さない嗅覚も凄かった。あのサイズで世界で戦っているのは凄いと思う」と世界レベルを体感。「(メキシコ戦は)勝てば予選突破という試合とは違った。そういう試合で出られないのはまだまだ」と、さらなるレベルアップを誓っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年6月24日のニュース