新潟 ブルーノ・ロペスの退団発表「新潟を離れることさびしい」

[ 2013年6月20日 13:21 ]

新潟退団が発表されたブルーノ・ロペス

 J1新潟は20日、ブラジル人FWブルーノ・ロペス(26)の退団を発表した。期限付き移籍元のデスポルチーボ(ブラジル)から照会があり、クラブ側と本人の協議の結果、双方合意での退団が決まったという。

 ブルーノ・ロペスは11年に新潟入り。1年目は32試合で13得点を挙げたが、今季はここまで9試合無得点にとどまっていた。J1通算成績は73試合20点。

 クラブを通じて「クラブ、サポーター、チームメイトにまず感謝の気持ちを述べたいと思います。新潟はピッチ内外を問わず、自分の人生を変えてくれたクラブだと思います。自分のキャリアのために今後とも汗をかかなければいけないことに変わりはありませんが、新潟でプレーできたことは永久に自分のキャリアに残っていきます。 新潟を離れることは本当にさびしく、簡単なことではありませんでしたが、今回、自分の夢であるヨーロッパでプレーをする可能性があるということで、この選択をしました」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年6月20日のニュース