奥容疑者、春に高校監督も退任 最近は連絡取れず関係者と疎遠に

[ 2013年6月7日 07:25 ]

日本代表で国際Aマッチ通算26試合に出場した奥

 夫人で女優の佐伯日菜子(36)を脅迫した疑いで6日に神奈川県警戸塚署に逮捕された元日本代表MFの奥大介容疑者(37)。Jリーグの磐田、横浜などでも活躍したが、最近はサッカー関係者とも疎遠になっており、磐田時代の同僚も連絡が取れない状態だったという。

 08年から務めていた多摩大目黒高サッカー部の監督も今春退任。5月に行われた磐田時代の先輩・藤田俊哉氏の引退試合にも誘われていたが、欠席していた。自身のブログでは4月18日に尼崎市のお好み焼き店で働いている写真を掲載し「俺、がんばれるかも!」と心境をつづっていた。

 今月16日には愛知県で、横浜時代のチームメートの廿日市FC(広島)FW久保竜彦とトークショーを行う予定だった。久廿日市FCは「コメントは差し控える」と答えるにとどめた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年6月7日のニュース