実は冷静だった?遠藤、マイクで絶叫「皆さん、ありがと~う!」

[ 2013年6月5日 07:36 ]

<日本・オーストラリア>前半14分、シュートを放つ遠藤
Photo By スポニチ

W杯アジア最終予選B組 日本1―1オーストラリア

(6月4日 埼玉)
 クールな男が感情を爆発させた。試合後にテレビインタビューでマイクを向けられたMF遠藤は「皆さん、ありがと~う!」と2回も絶叫。真相は「テレビ的に時間がないと思ったんで手っ取り早く」と冷静に対処したことを明かしたが、普段は見せない珍しい姿が喜びの大きさを表していた。

 鹿児島から両親も駆けつけた一戦。前半6分に直接FK、同16分には左足ミドルでゴールを狙うなど積極性を発揮した。中盤では確かなタクトを振り、フル出場で国際Aマッチ129キャップの貫禄を見せた。

 本大会の地・ブラジルには鹿児島実業高時代に2度“留学”。2クラブの練習に参加して「自分はまだ激しさが足りないと感じた」と刺激を受けた。34歳で迎える集大成の舞台。円熟味を増したザック・ジャパンの心臓が、自らの原点の地ともいえる「サッカー王国」でさらなる輝きを放つ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年6月5日のニュース