ザックジャパン コンフェデ杯で強豪とガチ対決!

[ 2013年6月5日 06:00 ]

 W杯出場を決めた日本は1年後の本大会を見据え、強化をさらに進める。11日、ドーハでのイラク戦でW杯最終予選を締めくくると、その後はブラジルで開催される各大陸王者などによる大会、コンフェデ杯に出場する。

 1次リーグA組の日本は15日(日本時間16日)に開催国のブラジル、19日(同20日)にザッケローニ監督の母国イタリア、22日(同23日)にメキシコと顔を合わせる。実力を測る格好の舞台であると同時に、気候や移動を含めて来年の予行演習にもなる。

 7月下旬に韓国で行われる東アジア杯は、主力の海外組を入れずに国内組中心で臨み、戦力の底上げを図る。8月14日には宮城スタジアムでの国際親善試合で、11年南米選手権王者のウルグアイと対戦。9月にはアフリカの強豪ガーナを迎えるプランがあり、その後にも欧州遠征を実現させて実戦を積む考えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年6月5日のニュース