アベランジェFIFA名誉会長 汚職絡みで辞任も法的には罪に問えず

[ 2013年5月1日 07:44 ]

FIFAのジョアン・アベランジェ名誉会長が辞任していたことが分かった

 FIFA前会長のジョアン・アベランジェ名誉会長(96)が汚職に絡んで辞任していたことが30日に分かった。

 同会長は01年に倒産したマーケティング代理店ISLから巨額賄賂を得ていたという疑惑が長期間にわたって指摘され、FIFA倫理委員会の調査報告書で同会長が4月18日付で辞任したことが明かされた。

 同会長の行為は当時の法では罪に問えないというものの、報告書では「道徳的、倫理的に非難されるべき」と指摘された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年5月1日のニュース