鹿島 リーグ制覇へ“秘策” 幸運の「てるてる坊主」を募集

[ 2013年5月1日 06:00 ]

07年5月にも選手のサインが書き込まれたてるてる坊主が作られた

 4月のホーム公式戦全4試合で悪天候に見舞われた鹿島が、6日の湘南戦(カシマ)でサポーターから「てるてる坊主」を募集することを決めた。

【J1順位表 鹿島 日程&結果】

 07年5月にはクラブが晴天を祈り、巨大てるてる坊主を作製。その後7試合負けなしで上位戦線に浮上し、最終的には優勝を果たした。チームは目下4試合負けなしで4位と好位置につけており、幸運のアイテムとともに不敗街道を突っ走る。

 4年ぶりのリーグ制覇に向けて、鹿島が最強のアイテムを手にする。4月のホーム公式戦全4試合の開催日が嵐や大雨に見舞われたことを受け、クラブは6日のホーム湘南戦で、サポーターからてるてる坊主を募集することを決定。メーンスタンド側コンコースにつるす場所を設け、晴天を祈願してもらう。関係者は「ホームの試合が悪天候続きで集客に影響している。サポーターの力を借りて晴天の中で試合をしたい」と願いを込めた。

 雨よけグッズのてるてる坊主だが、鹿島にとっては縁起の良いアイテムでもある。今季と同様にホームで悪天候続きだった6年前、クラブはサッカーボールとチームフラッグで約1メートルの巨大てるてる坊主を作製。07年5月12日の磐田戦で“デビュー”すると、その後チームは白星を重ねた。

 シーズンを通してサポーターの手で敵地にも運ばれ、チームは磐田戦以降の24試合で19勝2分け3敗。終盤には9連勝を記録して逆転優勝を果たし、08、09年へと続く3連覇への一歩をしるした。

 チームは目下リーグ4試合不敗で首位・大宮と勝ち点5差の4位。大迫、柴崎ら若手と小笠原、本山らベテランの歯車がかみ合い好位置につけている。岩政は「今季も混戦模様だし、試合数×2ぐらいの勝ち点を重ねていけば最後に優勝のチャンスは来ると思う」と視線を上げた。昨季はクラブワーストの11位に沈んでおり、思い描くのは低迷のち優勝。てるてる坊主効果で、晴天と勝ち点をつかみ取る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年5月1日のニュース