柏 3点快勝!無敗で決勝トーナメントへ

[ 2013年4月30日 21:20 ]

ACL1次リーグH組最終戦 柏3―0セントラルコースト

(4月30日 ゴスフォード)
 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は30日、各地で1次リーグ最終戦を行い、既にH組1位が確定し、決勝トーナメント進出が決まった柏はアウェーでセントラルコースト(オーストラリア)と対戦し、3―0で快勝。4勝2分けの無敗、勝ち点14で決勝トーナメントに弾みをつけた。

 後半14分、工藤がMF栗沢のスルーパスに反応し、左足でゴールを決め先制。さらに同34分にはレアンドロが相手と競り合ったこぼれ球をクレオが押し込み、同40分にはレアンドロ・ドミンゲスがFKを直接決めた。

 ネルシーニョ監督は「後半に入ってそれぞれの守備が良くなり、何よりカウンターでのプレーの質が上がった」とたたえた。

 先制点を挙げた工藤は「うまくワンチャンスを生かすことができた。去年、決勝トーナメントで勝つことが出来なかったので、今年はいい試合をして勝ちたい」と語った。柏は決勝トーナメント1回戦ではF組2位と対戦する。

 セントラルコーストも2勝1分けの勝ち点7で、決勝トーナメント進出を決めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年4月30日のニュース