酒井宏 先制弾の起点となる!フル出場で4戦ぶり白星に貢献

[ 2013年4月28日 06:00 ]

フュルト戦の前半、攻め込むハノーバーの酒井宏(手前)

ブンデスリーガ ハノーバー3-2フュルト

(4月26日)
 ハノーバーの日本代表DF酒井宏樹が右サイドバックで3試合ぶりに先発してフル出場し、4戦ぶりの勝利に貢献した。ここまで先発した公式戦6試合は4分け2敗。やっと“初勝利”を手にして「日ごろやっていることが報われたのかな」と笑顔を浮かべた。

 前半11分に警告を受けても積極性は失わなかった。前半36分に右サイドでパスをつないで先制点の起点となり、後半26分には強引に右クロスを上げてCKを獲得。これがホフマンの得点につながった。「1点目もそうだが、自分のプレーの後に点が入るのは凄くうれしい」と手応えを口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2013年4月28日のニュース