セレーゾ監督 ドロー劇に「MVPが相手のGKというのは明確」

[ 2013年4月21日 06:00 ]

<鹿島・甲府>後半、ゴール前に攻め込むも、ファウルの判定にいらだつ鹿島・ダビ(11)

J1第7節 鹿島0―0甲府

(4月20日 カシマ)
 鹿島はシュート23本を放ちながら無得点に終わった。

 痛恨のドローでリーグ3連勝を逃し、ナビスコ杯を含めた公式戦の連勝も4でストップ。それでも本山、野沢、柴崎らを中心とした速いパス回しから何度も決定機をつくり多彩な攻撃を見せた。セレーゾ監督は「MVPが相手のGKというのは明確。得点だけが足りなかった試合。下を向く必要はない」と強調。内容の濃い試合で連勝が止まる皮肉な結果となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年4月21日のニュース