×

闘莉王 左腕でシュート“ブロック” 試合後に事情聴取

[ 2013年4月21日 06:00 ]

<F東京・名古屋>後半14分、3失点目を喫し肩を落とす名古屋・闘莉王
Photo By スポニチ

J1第7節 名古屋1―3FC東京

(4月20日 味スタ)
 名古屋はチーム全体で7枚の警告を受け、試合後には闘莉王がマッチコミッショナーから事情聴取を受けるなど後味の悪い敗戦となった。

 問題のプレーは前半40分、エリア内の闘莉王が相手シュートを左腕でブロック。ハンド判定でもおかしくなかったが、主審は見逃していた。「ミス、ミス、ミスがひどい」とその“一件”に口を閉ざした闘莉王だったが、FC東京側から判定を含めた抗議を受ける結末に。関係者によれば規律委員会などにかけられる可能性もあるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2013年4月21日のニュース