マンU監督が香川を称賛「交代させなければ勝てたかも」

[ 2013年4月20日 06:00 ]

 マンチェスター・ユナイテッドのファーガソン監督が19日に記者会見し、17日のウェストハム戦で2得点に絡んだ香川を「凄く落ち着いてボールを持ち、判断がいい」と称賛した。クラブの公式サイトが伝えた。

 試合は後半32分に香川が放ったシュートのこぼれ球から2―2に追い付き、その直後に香川はピッチを退いた。指揮官は「もしあの決断を変更していたら、勝てたかも」と述べた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年4月20日のニュース