U19なでしこ アジア選手権へ向け8月米国遠征

[ 2013年4月11日 06:00 ]

 来夏のU―20女子W杯(カナダ)出場を目指すU―19日本代表候補が8月に米国遠征することが10日、分かった。吉田弘監督(55)が明かしたもので、現地では同世代の代表との試合を予定している。

 U―19日本代表は3位以内に入ればW杯切符を獲得できるアジア選手権(中国)を10月に控えており、米国との試合でさらなるレベルアップを図る。大阪府内での合宿3日目のこの日は堺西高男子サッカー部との練習試合を行ったが0―2で完敗。ゲームキャプテンを務めたFW道上彩花(18=INAC神戸)は「自分たちのミスで失点した。自分も2本ぐらいシュートを外した」と反省しきりだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2013年4月11日のニュース