不安残るバルセロナ メッシ、CLパリSG出場微妙

[ 2013年4月10日 06:00 ]

 欧州チャンピオンズリーグは10日に準々決勝第2戦の2試合が行われる。6季連続の4強入りを目指すバルセロナはホームでパリSGと対戦。2日の第1戦で右太腿裏を負傷したFWメッシは出場が微妙となっている。

 6日の国内リーグ・マジョルカ戦を欠場し、8日は休日返上で調整したものの万全にはいまだ程遠い状態。マジョルカ戦では代役を務めたセスク・ファブレガスがハットトリックを記録したとはいえ、穴埋めが容易ではないスーパーエースだけにチームは試合当日まで回復具合を見守ることになりそうだ。最終ラインもマスケラーノやプジョルが故障を抱えており、FWイブラヒモビッチら強力な攻撃陣を擁するパリSG相手に不安が残る。敵地の第1戦でバイエルンMに0―2で敗れたユベントスはホームで逆転突破を狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年4月10日のニュース