元Jリーグ清水選手の山田泰寛氏死去 45歳

[ 2013年4月9日 22:24 ]

 元Jリーグ清水選手の山田 泰寛氏(やまだ・やすひろ)が8日、肝臓がんのため静岡市内の病院で死去、45歳だった。広島県出身。

 「お別れの会」を10日午後6時から静岡市清水区江尻台町1の1、あいネットホール江尻台で開く。喪主は母孝子(たかこ)さん。葬儀・告別式は近親者のみで行う。

 早大からヤンマーを経てJリーグでは清水でDFとしてプレーし、リーグ戦通算31試合に出場。現役引退後は清水のジュニアユースのコーチを務めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年4月9日のニュース