目の前で屈辱…悔しい乾、取材に応じず

[ 2013年4月7日 15:13 ]

ブンデスリーガ フランクフルト0―1バイエルン・ミュンヘン

(4月6日)
 フランクフルトの乾は目前でバイエルン・ミュンヘンに優勝を決められた悔しさか、試合後は取材に応じなかった。

 「怖がらずに仕掛ければ、好機はある」と話した通り、劣勢の中でも攻撃の中心として奮闘。前半は最終ライン裏を狙った走り込みでスルーパスを引き出し、後半も2度ドリブルで仕掛けて思い切りよくシュートを狙った。点には至らなかったが、持ち味を生かして存在感を示した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年4月7日のニュース