鳥栖 本拠地で痛い敗戦…尹晶煥監督「失望感が漂うゲーム」

[ 2013年4月7日 06:00 ]

<鳥栖・清水>前半、清水・杉山(左)にボールを奪われる鳥栖・藤田

J1第5節 鳥栖0―1清水

(4月6日 ベアスタ)
 鳥栖は決定的なチャンスがほとんどなく、得意の本拠地で痛い敗戦となった。尹晶煥監督は「失望感が漂うゲームをしてしまって、非常に申し訳ない」とわびた。

 雨の中、ロングボールを多用したが、連係が悪く、効果的に敵陣へ攻め込めなかった。前節ハットトリックを達成した豊田が競り勝っても、その後がつながらない。迫力を欠いた攻めに豊田は「自分も変化をつけたりするなど、そういった部分が足りなかった」と反省していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年4月7日のニュース