長友 左膝違和感続くなら手術の可能性も…

[ 2013年4月6日 06:00 ]

 インテル・ミラノのDF長友佑都(26)が左膝の手術を受ける可能性があると、5日付のイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトが報じた。

 長友は2月24日のACミラン戦で左膝を負傷。3月30日のユベントス戦でベンチ入りしたが、3日のサンプドリア戦でメンバー外となったことについて、同紙は「火曜日(2日)時点で違和感が残っており、医師が監督にサンプドリア戦の招集を思いとどまらせた。これが続くなら手術の必要性もあり、その場合は今季出場は絶望」と伝えた。もし手術を受けた場合は6月以降の日本代表の活動にも影響が出かねない。地元メディアによると、長友は4日の練習はフルメニューをこなしたという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年4月6日のニュース