日本 圧倒的優位変わらず…勝ち点1取れば出場決定

[ 2013年3月27日 08:02 ]

W杯アジア最終予選B組 日本1-2ヨルダン

(3月26日 アンマン)
 日本のW杯本大会出場決定は次戦以降に持ち越されたが、圧倒的に優位な立場は変わらない。残り2試合のいずれかを引き分けて、勝ち点1を上積みすればB組の2位以内が確定する。6月4日のオーストラリア戦(埼玉)に勝てば勝ち点16となり、同組1位が決まって本大会への切符を手にする。

 オーストラリアに負けた場合でも、同じ日に行われるオマーン―イラクが引き分けるかイラクが敗れると、日本以外の2チームが勝ち点を13以上にできる可能性が消えるため、出場が決まる。条件を満たせない場合は、6月11日のイラク戦まで持ち越される。

 韓国との共催で予選がなかった2002年大会を除き、過去3度の予選突破はアウェーか中立地で決めてきた。次戦でしっかり勝ち点を手にすれば、ホームで初めてW杯出場権獲得の瞬間を迎えることになる。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年3月27日のニュース