収入合計116億円見込む 日本サッカー協会13年度

[ 2013年3月21日 06:00 ]

 日本サッカー協会は20日、都内で行った臨時評議員会で13年度の予算を報告した。

 収入合計は約116億8400万円の見込み。公益財団法人化で事業年度が4月~翌年3月から1月~12月に変更され、移行期の13年度は4~12月の変則予算。U―20女子W杯などを開催した12年度の約180億4500万円からは大幅減も、従来通り翌年3月までの12カ月間で試算すると約157億円となり、田中道博専務理事は「例年通りの規模」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年3月21日のニュース