ベンゼマ、刑務所入り危機…速度違反116キロオーバー

[ 2013年3月2日 06:00 ]

度重なるスピード違反で刑務所に入る可能性が出てきたベンゼマ

 サッカーのレアル・マドリードに所属するスター選手、フランス代表FWカリム・ベンゼマ(25)が、スピード違反で刑務所に入る可能性が出てきた。警察当局によると、2月3日未明にスペインのマドリード郊外にある100キロ規制の幹線道路で、116キロオーバーの216キロで走っていたところを自動速度違反取り締まり装置に写真とともに記録されたという。

 地元紙エル・パイスによると、1~4年の免許停止、罰金や社会奉仕活動のほか、3~6カ月の懲役の可能性があり、さらに6~12カ月に延びる可能性もある。理由は過去の運転歴で、09年の11、12月に相次いで交通事故を起こし、11年6月にはカーチェイスによるスピード違反を犯している。今回もカーチェイスを行っていたという情報もあり、別の車が260キロで並走していたという。

 前日2月2日は敵地のリーグ戦でグラナダに0―1で敗戦。後半開始から出場して無得点に終わったベンゼマは車を飛ばしてストレスを発散したのかもしれないが、その代償は高くつきそうだ。

 当初は2月26日に裁判所に召喚されていたが、スペイン国王杯準決勝のバルセロナ戦を理由に延期が認められた。次の召喚日は3月26日が有力で、W杯欧州最終予選の大一番であるフランス―スペインの開催日。クラブだけでなく、フランス代表でもエースがいなくなれば、ともに大きな戦力ダウンは避けられない状況だ。

 ◆カリム・ベンゼマ 1987年12月19日、フランス・リヨン生まれの25歳。両親はアルジェリア系移民。05年1月にフランス1部のリヨンでプロデビュー。07~08年にリーグ得点王に輝くなど活躍し、09年にRマドリードへ移籍。フランス代表で通算55試合15得点。11年に未成年に対する買春行為で起訴されたが、「未成年とは知らなかった」との主張が認められて起訴は取り消された。1メートル84、83キロ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年3月2日のニュース