JFL 来季はJ3発足により6減の12チームで開催へ!

[ 2013年2月22日 06:00 ]

 J2の下部となるJ3リーグの14年からの発足が内定していることを受け、JFLは21日、来季はチーム数を今季の18から6減となる12を目安に開催することを発表した。

 J3は10チーム程度でスタートする方針で、JFLからはJ準加盟クラブなど6チーム以上が参加する見通し。JFLはチーム数の確保が必要となるため、今季リーグ終了後は下位チームの地域リーグへの降格をなくし、全国地域リーグ決勝大会の上位3チームを自動昇格させる。それでも参加チームが足りない場合は、12月の理事会で決勝大会に出場した残り9チームの中から昇格クラブを決める。上保毅彦運営部長は「J3ができても、日本のトップアマチュアリーグという姿勢は変わらない」と強調した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2013年2月22日のニュース