EL16強だ!長友インテルは敵地で第2戦

[ 2013年2月21日 06:00 ]

 欧州リーグは21日に決勝トーナメント1回戦第2戦の16試合が行われる。日本代表DF長友佑都が所属するインテル・ミラノは14日の第1戦(ホーム)でCFRクルージュに2―0で勝利。「2点差で勝ったので気持ち的には楽になると思う」という敵地で16強入りを決める。

 また第1戦で岡崎慎司、酒井高徳が所属するシュツットガルトはゲンクと1―1引き分け。細貝萌のレバークーゼンはベンフィカに、酒井宏樹のハノーバーはアンジ・マハチカラにそれぞれ敗れており、巻き返しを図る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2013年2月21日のニュース