J3の来季導入が内定!参戦チームは9月に決定へ

[ 2013年2月16日 06:00 ]

 J2の下部リーグに当たるJ3が14年度から設立されることが内定した。15日に都内でJ3意見交換会が行われ、J1、J2クラブの実行委員らが出席。J3参入条件に財務状況の健全性を盛り込むことなどが確認された。

 リーグは10~12チームで構成される見通し。現在、相模原SCなどJFL10クラブ、グルージャ盛岡など地域リーグ4クラブが参加する意向を示している。6月まで申請を受け付け、参戦チームは9月に決定。将来的にはチーム数を増やし、東西に分ける計画もある。関係者は「J1、J2を目指す上で、赤字を垂れ流すようなクラブが入ることは望ましくない。参入にはそれなりの条件を設けるべきだと思う」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2013年2月16日のニュース