清水本拠地の新愛称「IAIスタジアム」に 略称は「アイスタ」

[ 2013年2月8日 16:52 ]

 静岡市は8日、サッカーJリーグ1部・清水の本拠地「アウトソーシングスタジアム日本平」(清水日本平運動公園球技場、同市清水区)の命名権を、新たに産業用ロボット製造の「アイエイアイ」(清水区)が取得、愛称が「IAIスタジアム日本平」に決まったと発表した。

 スタジアムは市の施設で、同日、市と同社、清水が正式に契約した。期間は今年3月1日から18年2月28日までの5年間で、契約料は年間3000万円。略称は「アイスタ」となる。

 スタジアムの命名権をめぐっては、09年から年9000万円で契約していた人材派遣会社が、今年2月での契約終了を表明。市などが昨年11月から、年5000万円以上を条件に取得企業を募集したが、応募がなかったため額を引き下げて再募集していた。

 田辺信宏市長は記者会見で「応募がなく困っていたので、地元企業が支援してくれてありがたい。チームや選手の追い風になれば」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年2月8日のニュース