「八百長防止は無理 不正行為は常に存在」FIFA会長

[ 2013年2月7日 23:35 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は7日、世界のサッカー界に横行する八百長について「スポーツに不正行為は常に存在する。それを防止するのは無理だろう」と発言した。

 欧州警察機関はワールドカップ予選や欧州選手権予選などでの八百長を指摘したばかり。視察先のモーリタニアで記者会見したブラッター会長は「重大な危機だ。試合が不正に操作されれば、サッカーへの関心がなくなってしまう」と懸念した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年2月7日のニュース