セレッソ村田“メジャーリーグ”挑戦へ!レンタル移籍で交渉中

[ 2013年1月25日 06:00 ]

海外挑戦することが分かったC大阪のMF村田和哉

 C大阪のMF村田和哉(24)が海外挑戦することが24日、分かった。関係者によると、移籍先は米国およびカナダのプロリーグであるメジャーリーグサッカー(MLS)のクラブとなる見込みで、1年間の期限付き移籍で交渉は進んでいるという。

 昨季リーグ戦で先発出場2試合にとどまった村田は、出場機会を求めてシーズン終了後に移籍を志願。J1、J2など国内クラブの選択肢もあった中で、本人の「より厳しい環境に身を置いてみたい」という希望から海外へと視線は向けられていた。3月2日に開幕するMLSの新シーズンに向けて、すでに自主トレをスタートさせている。

 MLSでは過去に元イングランド代表MFベッカムらがプレー。日本人としては、かつて川崎ユースに在籍したDF木村光佑が初めてのMLS選手となった。プロ3年目を迎えた村田が、レベルアップを求めて武者修行に出る。

 ▽村田 和哉(むらた・かずや) 1988年10月7日、滋賀県生まれの24歳。野洲高から大体大に進み、11年にC大阪入団。昨季は13試合出場1得点。プロ通算では19試合出場2得点。1メートル68、62キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年1月25日のニュース