韓国Kリーグ八百長選手 全世界で永久追放

[ 2013年1月10日 13:51 ]

 FIFAは9日、韓国Kリーグで11年に発覚した八百長問題にかかわった41選手を全世界で永久追放処分にすると発表した。この41人は既に韓国内で永久追放処分を受けており、FIFAが国際的に追認した形。

 韓国では一昨年、Kリーグの試合結果を当てる「スポーツくじ」で不当な利益を上げようとしたブローカーが選手らに現金を渡し、八百長を仕向けていた事件が発覚。元代表を含めた約50人もの選手、関係者が摘発され、自殺者も出るスキャンダルとなった。

 発表された41人のうち21人は、社会貢献活動などへの参加を条件に2~5年の猶予期間を経て、サッカー界に復帰する道が残された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年1月10日のニュース