チェルシー 最下位に負けた…過密日程で主力休ませ苦杯

[ 2013年1月4日 06:00 ]

<QPR・チェルシー>ゴールを決めて喜ぶQPRのフィリップス(右から2人目)ら

プレミアリーグ チェルシー0―1QPR

(1月2日)
 チェルシーが新年初戦で最下位に敗れた。

 中2日の過密日程で先発5人を入れ替えて一部主力を休ませたとはいえ、ここまで1勝のQPRに後半33分に失点。定位置を確保できず08年にチェルシーを去ったMFライト・フィリップスに決勝点を許した。ベニテス監督は「全ての試合を同じ選手では戦えない」と自己弁護したが、トップリーグでQPRにホームで敗れるのは79年以来。消化が1試合少ないとはいえ首位マンチェスターUとの勝ち点差が14に広がる痛恨の1敗となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2013年1月4日のニュース