FC東京 ケガ人撲滅へ、代表トレーナー招へい

[ 2012年12月27日 06:00 ]

 FC東京がJクラブでは初となる新ポスト、コンディショニング・ダイレクター(CD)を新設し、日本協会の山崎亨トレーナー(44)を招へいすることが26日、分かった。今季はFW平山、MF梶山、DF太田ら主力に負傷者が続出したため抜本的な改革に乗り出す構えだ。

 山崎氏は08年北京五輪代表、今年のU―19日本代表でアスレチックトレーナーを歴任。シャルケの日本代表DF内田はU―18代表時代から山崎氏の影響を強く受けていることを公言しており、今でも師と仰ぐ存在だ。

 日本代表クラスの選手を数多くそろえるFC東京は、来季に向けて大宮からロンドン五輪代表MF東の獲得が決定的になるなど大型補強にも成功。負傷が減れば一気に頂点も狙えるだけに“山崎CD”の手腕に期待がかかる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月27日のニュース