長友、1・6復帰を見送りへ「無理はしない」

[ 2012年12月26日 06:00 ]

詰めかけた野球少年、サッカー少年らと記念撮影するインテル・ミラノの長友(左)と阪神・鳥谷

 左ふくらはぎ打撲で離脱中のインテル・ミラノの日本代表DF長友が、来年1月6日のアウェー・ウディネーゼ戦での復帰を見送る可能性が高まった。

 年末年始のオフを利用して帰国中で、この日は都内で開催されたトークイベントに阪神の鳥谷敬内野手(31)とともに参加。イベント後に「ケガは大したことはないけど、イタリアに戻ってからもう一度検査する。6日の試合は無理はしないと思う」と語った。18日のベローナ戦で負傷。年内最終戦となる22日のジェノア戦を待たずに帰国していた。

 26日には日本プロサッカー選手会主催の東日本大震災復興支援チャリティーマッチ(ユアスタ)に参加。その後は家族と温泉旅行に出掛けて静養する予定だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年12月26日のニュース