SC相模原・望月代表 カズは「絶対に必要」 背番11用意

[ 2012年12月23日 06:00 ]

SC相模原から熱烈なラブコールを送られるJ2横浜FCのカズ

 J2横浜FCのFW三浦知良(45)が来季JFLに参入するSC相模原から2年契約で完全移籍の電撃オファーを受けた件で、SC相模原では既にカズの代名詞でもある「背番号11」のユニホームを用意していることが22日、分かった。

 元日本代表MFで現役時代に京都、神戸などでカズとプレー経験のある望月重良代表(39)は21日に都内で交渉したことを明かした上で「11番を用意してます」と話した。クラブとしては外国人以上の破格条件も提示。交渉の席では選手としていかにカズが必要か熱く訴え、中身の濃い話し合いができたという。

 関係者によれば、カズは2年間の契約延長オファーを受けている横浜FCとも話し合う方針だ。望月代表は「うちに絶対に必要な選手。粘り強く交渉していくつもり」と語った。クリスマスを前に勃発した「カズ争奪戦」はますますヒートアップしそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月23日のニュース