鹿屋体大などが4強入り 全日本大学サッカー

[ 2012年12月22日 19:20 ]

 サッカーの全日本大学選手権第2日は22日、神奈川県平塚市のShonanBMWスタジアム平塚などで準々決勝を行い、鹿屋体大、早大、福岡大、阪南大が24日の準決勝に進んだ。

 鹿屋体大は1―1からのPK戦を6―5で制し、2連覇を狙った専大を振り切った。早大は札幌大を2―1、福岡大は4―2で前回準優勝の明大を下した。全日本大学トーナメント覇者の阪南大は中大に7―1で大勝した。準決勝の組み合わせは阪南大―福岡大、鹿屋体大―早大。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年12月22日のニュース