ヤネズV弾!INAC神戸3連覇王手、決勝で千葉と対決

[ 2012年12月22日 16:25 ]

皇后杯全日本女子サッカー選手権準決勝 INAC神戸1―0浦和

(12月22日 NACK)
 3連覇を目指すINAC神戸が序盤の1得点を守り切り、浦和に勝利。24日の決勝では千葉と顔を合わせる。

 前半7分にMFゴーベル・ヤネズが決勝点を決めた。前線で相手GK池田のキックに詰めると、脚でブロックされたボールのコースが変わり、ゴール右隅へ。GKが手を伸ばしてセーブしたが、ゴールポストに当たってしまう。こぼれ球をヤネズが追いかけ、力強くゴールに押し込んだ。

 その後は浦和の猛攻と再三のシュートに苦しんだが、堅守とGK海堀の好セーブで得点を与えなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月22日のニュース