7歳長男の前で同点弾!ママさんMF宮本「すっきり」笑顔の引退

[ 2012年12月22日 16:02 ]

皇后杯全日本女子サッカー選手権準決勝 伊賀1―1(PK3―4)千葉

(12月22日 NACK)
 今大会限りで引退する伊賀の元日本代表MF宮本ともみ(33)は、PK戦で敗退が決まっても涙は見せなかった。なでしこジャパン初のママさん選手として女子ワールドカップにも出場したMFは「負けたら泣くと思っていたけど、すっきりした気持ち」とさわやかに笑った。

 7歳の息子が観客席から見守る中、0―1の後半24分に左からのパスを蹴り込む同点ゴール。PK戦では最初のキッカーとして成功させた。育児とサッカーの両立を模索してきた競技人生を振り返り「自分がやったことによって、みんなに選択肢ができたと思う。今後は決まっていないが、サッカーに恩返しできたら」と穏やかに話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月22日のニュース