千葉 2戦連続PK戦制し初の決勝進出!小川「絶対優勝したい」

[ 2012年12月22日 14:12 ]

<伊賀・千葉>PK戦で伊賀を破り、笑顔で駆けだす千葉イレブン

皇后杯全日本女子サッカー選手権準決勝 千葉1―1(PK4―3)伊賀

(12月22日 NACK)
 千葉が1―1で迎えたPK戦で4―3で伊賀を退け、クラブ史上初の決勝進出を決めた。

 先制点は後半15分。センタリングに飛び込んだFW小川が頭で合わせ、ゴール右隅に突き刺した。「ずっと自分のゴールで勝ちたいと思っていた」。しかし、9分後には左サイドでMF那須とFW中出に突破を許し、MF宮本に1点を返される。

 追加点を奪えずに延長戦を終え、PK戦に突入。伊賀が連続でゴールを外し、準々決勝の日テレ戦に続いて千葉が再びPK戦で勝利。小川は「ここまできたら失うものはないので絶対勝って優勝したい」と宣言した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月22日のニュース