INAC神戸 星川監督の退任を発表 海外再出発濃厚

[ 2012年12月22日 06:00 ]

今季限りでINAC神戸監督を退任する星川監督

 INAC神戸は21日、星川敬監督(36)が今季限りで退任すると発表した。22日の皇后杯準決勝浦和戦後に会見する。石原孝尚ヘッドコーチ(35)が後任候補に挙がっている。

 星川監督はチームを通じ「選手には、自分が思い描く理想とするプレーをピッチで表現してくれて、本当に幸せな時間を過ごさせてもらいました」とコメントした。今後については触れなかったものの「自分は女子サッカーの発展となでしこメンバーを多く抱える“責任”というものは果たせたと思っています」としており、監督就任のオファーがある海外の女子クラブなどで再出発することになりそうだ。

 星川監督は日テレ監督を経て10年11月にINAC神戸の監督に就任。ここまで公式戦でわずか2敗。澤らが加入した11年からリーグ戦は2年連続無敗で優勝。皇后杯で最後のタイトルを狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月22日のニュース