内田 右太腿負傷で前半途中に交代…チームも敗れる

[ 2012年12月17日 06:00 ]

フライブルク戦の前半、競り合うシャルケの内田(左)

ブンデスリーガ シャルケ1-3フライブルク

(12月15日)
 シャルケの日本代表DF内田篤人はホームのフライブルク戦に右サイドバックで先発したが、右太腿を痛めて前半29分に途中交代。試合も1―3で敗れ、冬季休暇前最後のリーグ戦は無念の結果となった。

 負傷箇所は11月にも痛めた部位だが「前はちょっと下だったけど、今回は真ん中。もう少しやれるかと思ったけど、走れなかった」。18日のドイツ杯3回戦のマインツ戦は欠場が決定的。冬季休暇には日本に帰国予定で「来年のスタートに間に合えばいい。日本に帰って治療する」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年12月17日のニュース