カズ 香川、宮市に熱く説いた「時にはバカになることも必要だよ」

[ 2012年12月9日 07:26 ]

マンチェスター市内を散策するカズ

 オフを利用して英国マンチェスターを旅するJ2横浜FCのFW三浦知良(45)が7日、マンチェスターUの日本代表MF香川真司(23)、ウィガンの同FW宮市亮(19)と英国版の晩さん会を開催したことを明かした。カズ自身も刺激を受けるとともに、今をときめく若武者に海外で生き抜くキング独特の流儀を伝授した。

 独特のスター論も展開した。英国で悪童と呼ばれるバロテッリ、テベス(ともにマンチェスターC)らの言動はピッチ内外で注目の的だ。香川、宮市が悪童になる必要はないが、世間を巻き込むような次代のスター誕生を待望するカズは「時にはバカになることも必要だよ」と熱く説いた。この2人が日本サッカーを引っ張る存在になると期待しているからだ。

 今回のマンチェスター紀行は完全なオフ。それでも「どこかのクラブで練習に参加できるかも」とスパイク、すね当てまで持参。専属トレーナー、治療用ベッドもホテルに持ち込んだ。その意識の高さは香川と宮市を心底驚かせた。英国滞在は4日間の予定。今をときめくプレミアリーグの若武者2人に不屈のカズ魂は注入された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月9日のニュース