J2鳥取 新監督に元日本代表・小村徳男氏が就任

[ 2012年12月7日 15:56 ]

 J2鳥取は7日、新監督に元日本代表DFでクラブOBの小村徳男氏(43)が就任すると発表した。

 小村氏はクラブを通じて「Jリーグでの監督経験のない私に、監督を任せていただき、とても感謝しております。それと同時に大きな大きな責任を感じております」とコメント。「私の持っている知識や経験を生かして、ガイナーレのサッカースタイルを確立し、更なるステップアップが出来るようチームを押し上げていきたいと考えています」と意気込んだ。

 島根県出身の小村氏は現役時代はセンターバックとして日本代表で活躍し、98年W杯フランス大会にも出場。クラブでは横浜で長くプレーし、2008年に当時JFLに所属していた鳥取で選手生活を終えた。

 鳥取は今季、11勝5分け26敗の20位と低迷し、吉沢英生監督(40)は11月13日に退任した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年12月7日のニュース