倉田 見事な同点弾も実らず惜敗「監督を男にしたかった」

[ 2012年12月2日 06:00 ]

J1最終節 G大阪1-2磐田

(12月2日 ヤマハ)
 後半8分に見事な個人技で右サイドを突破し、一度は同点となるゴールを記録したG大阪の倉田は「ちょっと切り替えられない。松波監督を男にしたかったんで悔しい」と唇をかんだ。

 このゴールで勢いを取り戻したチームは攻勢を仕掛けたもののレアンドロのシュートがバーに阻まれ、ゴールネットを揺らした遠藤のヘディングがオフサイドなど、追加点を挙げられなかったことが最後まで響いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月2日のニュース