クルピ監督 柿谷&丸橋を強行出場へ「ギプスさせてでも使う」

[ 2012年11月28日 06:00 ]

J1最終節 C大阪―川崎F

(12月1日 長居)
 ケガ人も総動員で残留を決める―。C大阪は27日、大阪市西成区で練習を再開。引き分け以上でJ1残留が決まる最終節の川崎戦(12月1日、長居)に向けて、オフ明けでは超異例となる紅白戦を実施した。

 緊張感たっぷりの雰囲気の中、約40分間にわたって選手たちの動きをチェックしたレヴィー・クルピ監督。右かかと痛のMF柿谷、左足首痛のMF丸橋は紅白戦に入らず完全別メニューとなったものの、指揮官は「明日から合流させる。ギプスをさせてでも使う」と強行出場させる方針を示した。

 その意図は2人にも伝わっている。24日の広島戦を欠場した丸橋は「だいぶ痛みはなくなってきているし勝つしかないんで」と意欲的で、痛み止めを使用して出場することを示唆。今季ここまで11ゴールを挙げチーム得点王の柿谷も「痛みはあるけどやるしかない」と抱負を語った。対する川崎には、00年第1ステージ最終節でJ1優勝を阻止され、さらに06年最終節ではJ2降格の引導を渡された。因縁の相手から勝利をもぎ取り苦い思い出も払しょくする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年11月28日のニュース