浦和 興梠に興味!今季で鹿島と契約終了

[ 2012年11月4日 06:00 ]

浦和などが獲得の狙う鹿島・興梠(左)

ナビスコ杯決勝 鹿島2-1清水

(11月3日 国立)
 浦和が、鹿島のFW興梠(こうろき)慎三(26)の獲得に乗り出していることが分かった。

 既にクラブを通して獲得を打診している。今季30節終了時点で13勝10分け7敗の3位と健闘しているが、総得点は首位広島の55、2位仙台の53に対して40。FWデスポトビッチが機能せず、本来は2列目のFW原口を1トップに配置しており、ストライカーは最大の補強ポイントとなっている。

 今季の興梠はリーグ戦でチームトップの9得点を挙げるなど好調だが、戦術的理由で先発を外れる機会も多い。この日の清水戦も先発したが、前半のみで途中交代した。鹿島との契約は今季で切れるため、浦和以外にもFC東京など複数のクラブから獲得に興味を示されている。鹿島側も全力で慰留する方針で、今後の動向が注目される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年11月4日のニュース